ソネ式 クイーンズストレッチ®️とは

「クイーンズストレッチ」「クイーンズポール」はスタジオ・ソネの登録商標です。

『クイーンズストレッチ』は、ソネジュンコが施術のプロとして人の身体と関わってきた30年の経験の中で生み出した、身体を楽にできる、生活を楽しくできる、これまでにはなかった「がんばらない」方法のエクササイズです。

肩こり、首こりや腰痛、ヒザ痛などツラい症状は歳をとると仕方のないものだとあきらめている方(クイーンズ世代)に、何歳になっても自分で自分の身体を楽にできる方法があることを知っていただきたいと思っています。

 

 

・質のいい睡眠

・朝起きた時の爽快感

・痛みのない身体

・ちゃんと歩ける筋力

・真っすぐに立つことができるバランス力

 

それらを自分の力で手にいれるための方法です。

 

自分を楽にする方法があなたにとって、ツラいはずがない。楽しくないはずがない。

 

 

それが『クイーンズストレッチ』

ひと昔前の人間の身体能力って?

私がまだ小さい頃、昭和30年代、1960年前後の日本は現在とは比べ物にならないくらいみんなが貧しくて、それはそれは質素な生活をしていました。(まだ日本が高度成長期前の時代のお話です)

 

トイレはもちろん汲み取り式の和式トイレ。

冷蔵庫もまだまだ普及しておらず、私は毎朝氷屋さんに冷蔵庫にいれる氷を買いに行かされた記憶があります。

家の中の暖房設備も練炭の掘りごたつか石炭ストーブだけ。

ほとんどの家がそうでした。

 

母たち女性の家事労働はそれは凄まじかっただろうと想像します。

 

洗濯機なしの洗濯、掃除機なしの掃除、女性の身長など無視した高所にある物干し竿。

 

 

でも覚えているのは「おばちゃん」たちのたくましくて明るい笑顔。

 

もちろん肩が凝った、腰がだるいなどとしょっちゅう聞いていましたが、洗濯物をたたむ時は正座か跪座(注※)、台所などではしゃがんだり、立ったり、座ったり。

 

とにかく主婦が一日中立ち働いていないと家族がちゃんと生活できなかった。

 

 

平均寿命こそ今とは比べ物にならないですが、年を取ってもちゃんと歩いて、トイレではしゃがんで立って動いていたのです。

 

注※ 跪座(きざ)つま先を曲げて足裏を浮かせた正座

ハードなトレーニングは私たちには必要ありません!

 

一俵60kgの米俵をかつぐ「おばちゃん」もいましたし、一袋50kgのセメント袋を4袋かついで移動する「おっちゃん」もいました。

 

今ほど栄養状態や環境衛生が整っていない時代なのに、高齢者でさえ背骨をいっぱい動かして元気で働いている人が多かったのです。

 

(昭和初期の女性の写真、60㎏の米俵を5俵楽々と担いでいる。なんとこれで歩くのだ!)

 

 

昔の人にできて私たちにできないはずがない。

それならば、昔の人ができていたことをするべきだと思い、昔の人ができて今の人たちにできない「正座」「跪座」、「足指、足裏を動かす」ことからやってみようと思いたちました。

 

 

指導し始めた頃はほとんどの人がまともに「正座」「跪座」ができない現実に驚きましたが、やり続けることで身体のバランスが整ってくることがわかりました。

 

積極的に「足指、足裏を動かす」ことで、脚が軽くなる、脚の筋力がアップすることもわかりました。

何と、足指を動かすと股関節まで柔らかくなるではありませんか!

それに身体のバランスが変わるのです。

まったくハードなトレーニングなどしていないのにです。

 

私の狙い通りです。

私自身、昔から悩まされていた「右足首」のねんざによる後遺症も劇的になくなりました。

 

 

今では「スタジオ・ソネ」の基本の定番プログラムになっています。

 

もうツラい筋トレはしなくてもいいのです!

ダイエット、ボディメイキング、アンチエイジングに絶対必要なのは

「筋肉の柔軟性と筋力」だということは、もうどなたもご存知です。

 

しかし、それを実際に自分でやり続けるのはとても難しいこと。

 

でもそのストレッチとエクササイズを自分で毎日楽しく続けられたら、あなたの身体は必ず変化してとても楽になります。

 

 特にソネジュンコが考案したポールを使うストレッチはわかりやすく、取り組みやすく、ストレッチを簡単に楽しみながらできるので多くの方が「これなら私にもできる」とおっしゃってくださいます。

 

運動なんてしたことがない。

 

昔から運動音痴で何をすればいいかわからない。

 

だから今さら適度な運動が必要だと言われても、戸惑うばかり。

 

 

 

そんな方がたくさん来られています。

 

車や機械にメンテナンスが絶対欠かせないのと同じように、自分の身体をメンテナンスすることが必要です。

 

10年後、20年後も無事に歩き続けられる身体を作るための方法が

 

「クイーンズストレッチ」®️

 

私自身4年前に発症したガンのステージ3bの治療から復帰するとき、抗がん剤と放射線療法でボロボロになった身体を一から立て直すために行ったのも、このストレッチ。

 

体力も気力もない、筋力もすっかり衰えてなくなってしまったとてもつらい状態から身体を戻すことができたのは、このストレッチのおかげだと思っています。

 

もう自分の身体は自分で変えていく時代になりました。

 

なぜなら、自分の身体を一番よく知っているのは自分だからです。

 

 

私たちはそのお手伝いをさせていただいています。